漫画

この漫画を読んでほしい!【復讐の教科書】SF・復讐・ミステリーの3要素が絶妙に絡み合う作品/面白ポイント紹介

Revenge Enemy Anger Hatred Fist  - Tumisu / Pixabay

こんにちは。

年間1,000冊以上の漫画を読んでいる私がオススメ作品を紹介する『この漫画を読んでほしい!』シリーズ。今回紹介する作品は【復讐の教科書】

【復讐の教科書】は講談社が配信するウェブコミックサイト「マガポケ」にて連載されている作品です。

教師と身体が入れ替わってしまったいじめっれっ子が、それを利用していじめていた連中に復讐を果たしていくという物語。

入れ替わりを上手く利用して過激な復讐を果たしていくストーリーは面白さと爽快感たっぷりです。

復讐を果たしていく過程で、自分にいじめに関する謎や真実が発覚していきストーリーはミステリー要素も含んでいきます。
※面白ポイントを紹介するうえでこのいじめの謎・真相については外せないと感じています。ただ、そこを紹介するうえで多少のネタバレが必要となります。
最小限におさえていますが、ネタバレは嫌だという方もいらっしゃるかと思うので、その部分はタップすると読める仕様にしてあります。「※※※」の部分が多少のネタバレ有です。

SF・復讐・ミステリーの要素が上手く絡み合った読み応えのある作品です。

【復讐の教科書】の概要

作者 原作・原案:渡瀬俊
作画:河野慶
連載サイト マガジンポケット
連載開始 2020年3月
巻数 8巻(2021年9月時点)/連載中
あらすじ

高校生の主人公・黒瀬良太郎はクラスで酷いイジメにあっていた。いじめは酷く辛かったが、担任の教師・白鳥聖は親身になって話を聞いてくれた。黒瀬は白鳥のような教師になりたいと夢を抱くほどに信頼していた。
ある日、イジメがばれそうになったいじめっ子たちは、イジメに事実を隠すため、黒瀬に屋上から飛び降りろと迫る。黒瀬は抵抗虚しく屋上から落下してしまい運悪く下にいた憧れの教師・白鳥とぶつかっていしまう。
黒瀬が目を覚ますと驚くことに白石と身体が入れ替わってしまっていた。白石が入っているであろう黒瀬の身体は意識が戻らず眠ったまま。黒瀬は白鳥の身体と教師という立場を利用していじめっ子達に次々と復讐をしかけていく。
さらに、復讐をしかけていく過程で、イジメに黒瀬自身も知らなかった不可解な点や謎があきらかになっていくのだが…。

作者:渡瀬俊(原作),河野慶(作画) 巻数:8巻(2021年9月時点)連載中

 

【復讐の教科書】の面白ポイント

冒頭でも紹介しましたが、【復讐の教科書】の面白さは身体が入れ替わったというSF要素、自分をいじめた者への過激な復讐サスペンス、イジメの真相に関するミステリー要素が上手く絡み合っている点にあります。

教師の身体と立場を利用した過激な復讐劇

黒瀬がイジメられていた原因は本当に些細な理由でした。些細な理由から始まったいじめは憎しみを風船が膨らむかのごとく増長し、最後には屋上からの飛び降りを強要するまでに至りました。

それはまさに理不尽そのもので、読んでいる側にも怒りがこみ上げるような内容でした。

そんな黒瀬が教師・白鳥の身体と立場を利用して、過激な復讐をしかけていく様子はスカッとします。多少“そこまでやる!?”感もありますが、それまで受けていたイジメの内容を考えると当然と受け取ることができるでしょう。

また、復讐は過激ですが、白鳥の身体を使って復讐をしかけているため、もし復讐の実行犯が白鳥(中身は黒瀬)だとばれてしまうと本物の白鳥に迷惑がかかります。

そのため、アリバイ作りや復讐の実行においてはしっかり計算していてサスペンス作品としても楽しめます。

イジメの真相と黒幕

↓多少ではありますが、ネタバレがあります。タップしてお読みください。

***

復讐を果たしていくうちにイジメには黒瀬自身知らなかった真相が隠されていたことが明らかになっていきます。

そしてイジメ加害者たちが黒瀬をいじめるよう上手く操っていた黒幕が存在したのです。その正体は、、なんと憧れていた担任教師の白鳥。

そして黒瀬の身体で眠っていた白鳥がついに目を覚まします。

そこからは黒瀬(白鳥の身体)VS白鳥(黒瀬の身体)の直接対決になっていくのですが、白鳥がイジメをけしかけていたという真相や、なぜ白鳥はイジメをけしかけるのかという動機の解明などは、ミステリーとして楽しむことができます。

白鳥が黒幕だと明かされる5巻の最後は、同時にこの作品のタイトルの意味が明かされ鳥肌が立ちました。そして、あんなに次巻発売が楽しみになったのも久々でした。

【復讐の教科書】をおすすめするえで、白鳥黒幕の真相の件の面白さは外せないとい想い、このようにタップしたら読めるという方法を取らせていただきました。

「この漫画を読んでほしい!」シリーズ作品紹介

最後に

以上、『この漫画を読んでほしい!【復讐の教科書】SF・復讐・ミステリーの3要素が絶妙に絡み合う作品/面白ポイント紹介』について紹介いたしました。

最近“復讐”作品が好きでよく読むのですが、【復讐の教科書】は復讐だけに留まらず、サスペンス・ミステリー要素が強くいろいろな楽しみ方ができる作品だと感じています。

黒瀬VS白鳥の結末や、身体の入れ替わりをどう解決させるのか、これからの展開も楽しです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

-漫画

© 2022 学びは遊び Powered by AFFINGER5