エンタメ・漫画

乃木坂46の魅力とは

どの時代にもその時代を代表するアイドルがいますね。

皆さんは“アイドル”と言われれば誰を、どのグループをイメージしますか?

平成から令和を迎えた現在の最前線を走るアイドルグループの一つとして乃木坂46が挙げられるでしょう。

AKB48の公式ライバルグループとして 2011年に結成した乃木坂46ですが、今では日本を代表するアイドルグループにまで成長しました。

この記事では、私の考える乃木坂46の魅力を紹介していきます。

結成から9年を迎えたグループなので、現在はファンだけど、乃木坂46の初期の時代はあまり知らないという方や、

これから乃木坂46を応援していきたいというはぜひ目を通してみてください。

乃木坂46の魅力とは…

乃木坂46は何故、日本を代表するほどのグループにまで成長することができたのでしょうか。

当時日本最大のアイドルグループであったAKB48の公式ライバルグループという立ち位置で誕生したため、

AKB48と比較され悔しい想いもたくさんしてきた乃木坂46が着実に人気を獲得していったのにはそれ相応の理由・魅力があるはずですね。

ここでは一ファンでもある私が考える乃木坂46の魅力を紹介していきます。

『乃木坂らしさ』の確立

「乃木坂らしさ」の確立は乃木坂46が大躍進を続ける大きな理由の一つとなっていると言えるでしょう。

「乃木坂らしさ」とは何か?をファンではない方に説明するのはなかなか難しいですね。

清楚・素朴・純粋・儚さといった乃木坂全体を包む空気といったところでしょうか。

これって意外と画期的なことだと思うんです。

アイドルに対するイメージって派手・華やか・賑やかみたいたなイメージが主流ですよね。

「乃木坂らしさ」はこれとは正反対で下手をすれば『無個性』と捉えられる恐れすらあったのではないでしょうか。

しかし、乃木坂46はその「乃木坂らしさ」を武器に多くのファンを獲得することに成功しました。

乃木坂46のメンバーの普段の姿が収められた写真集『乃木撮』が歴史的大ヒットしたことも、「乃木坂らしさ」の大成功を証明していますね。

メンバー同士の仲の良さ

「メンバー同士の仲の良さ」「乃木坂らしさ」にも含まれるかとも思ったのですが、これは乃木坂の魅力を語るうえで欠かせないポイントだと思ったので新たな見出しを用意しました。

乃木坂46は他のアイドルグループと比べても格段に仲の良さが伝わってくるグループです。

そしてメンバーの全員が乃木坂46というグループが好きなんだなと伝わて来るグループなんです。

女の子が何十人も集まればギスギスした関係も生まれるものでしょう。

もしかしたらファンに見せていない部分でそういった関係性もあるのかもしれません。

しかし、少なくともファンの前ではそんな関係性があることを全くと言っていいほど感じさせません。

メンバーが泣いていると駆け寄って話を聞く先輩・同期メンバー。

あるメンバーの休業中、気にかけて毎日メールを送るメンバー。

選抜に入れたことを自分のことのように喜んでくれるメンバー。

こんなエピソードが山ほどあるグループです。

まだ、アイドルグループとして発展途上だったころには、メンバー同士ギスギスすることもあったようですが、その仲直りエピソードも今や伝説のようにファンの間では語り継がれています。

代表的なものに「真夏、おかえり」というエピソードがあります。

検索すれば詳細はすぐ見つけられるので気になる方は是非調べてみてください。

乃木坂46の仲の良さやワチャワチャしている姿、メンバー同士の感動エピソードなど、乃木坂46の良さを再認識した時に、

「やっぱ乃木坂だな」という決まり文句のようなフレーズも生まれ、乃木坂46の人気の秘密の一つにその仲の良さが含まれていることが覗えます。

「やっぱ乃木坂だな」…もともと『ダンケシェーン』という曲中にメンバーの若月佑美さん(2018年卒業)が発した合いの手が由来。以後、乃木坂46の素晴らしさを再認識した際などに使われるフレーズとして定着。

世代交代の成功

アイドルグループが活躍していくうえで、世代交代とは最も重要な要素と言えるでしょう。

重要だからこそ、その世代交代は賛否両論を呼びます。

それは乃木坂46にとっても例外ではありませんが、総じて言えば乃木坂46の世代交代は大成功していると言えるのではないでしょうか。

グループが発展途上で成長していく、上りつめていく時期というのは比較的ファンはつきやすい時期と言えるでしょう。

そしてある程度、アイドルグループが地位を確立したり、有名になってくると、新規のファン獲得や発展途上時代を支えたファンをいかに繋ぎとめることができるかという点が重要になります。

その点で大きな鍵を握るのが世代交代と言えるでしょう。

世代交代を失敗してしまえば、初期からのファンを失い、新規ファンも獲得できず、アイドルグループは衰退していくものです。

そして実際に世代交代に失敗し、衰退していったグループも少ないとは言えません。

そう考えると、結成から9年を迎え尚、人気の衰えない現状や、各期別ごとのファン層を見ても乃木坂46の世代交代は大成功していると言えるのではないでしょうか。

乃木坂の土台を作り上げた1期生。

不遇の2期と言われながら発展途上時代を支えた2期生。

加入から4年が経過し、ノースキャンダル・卒業生ゼロで重要な役割を担うメンバーも多い3期生。

個性的なメンバーも多く、加入後すぐにフロント・センターを務めたメンバーもいるなど今後の期待の4期生。

それぞれの期が魅力的で、乃木坂46にとって欠かせない存在となっています。

各期別ごとという視点で乃木坂46をみてみるみるのも面白いかと思います。

公式おにいちゃんバナナマンとの関係性

乃木坂46を語るうえで欠かせないのが「公式お兄ちゃん」であるバナナマンの存在です。

乃木坂46の結成時から、冠番組である「乃木坂ってどこ?」「乃木坂工事中」のMCを務め、乃木坂46の成長を見守ってきたのがバナナマンのお二人です。

実は「公式お兄ちゃん」というのは、もともとバナナマンのお二人が自称していただけでした。

しかし、それがファンの間でも定着し、乃木坂側もコンサートでバナナマンを公式お兄さんと紹介し、公認された形となりました。

乃木坂46とバナナマンの関係はファンの間でも好評で、

バナナマンが番組MCで本当に良かった”

“乃木坂46がここまで大きくなったのはバナナマンのおかげ”

という声もよく聞かれます。

バナナマンは自身のラジオ番組でもよく乃木坂46の話題を取り上げたりしており、

もともとバナナマンのファンで、乃木坂46を知りファンになったという方も大勢います。

なにを隠そう、私も元々バナナマンのラジオを聴いていて気になり乃木坂46のファンになった一人です。

バナナマンと乃木坂46の間にも感動的なエピソードが数多くあります。

それらのエピソードなども今後紹介していけたらと思います。

まとめ

いかがでしたか?

私の考える『乃木坂46』の魅力について紹介させて頂きました。

私はあまりアイドルというものに興味はありませんでしたが、

実際に一つのアイドルグループを応援してみると、

まるで壮大なドキュメントを観ているような感覚になります。

乃木坂46をはじめ、日本には魅力的なアイドルグループが多数存在します。

気になっている方、これからアイドルのファンになってみようという方の参考に少しでもなれば嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

-エンタメ・漫画

© 2022 学びは遊び Powered by AFFINGER5