スポーツ・健康

【サッカー】宮市亮選手の現在/度重なる怪我で封印されている圧倒的個の力/ザンクトパウリ退団後の去就は?

Woman Running Fast Silhouette  - GDJ / Pixabay

こんにちは。

今回の記事ではサッカー日本代表にも選ばれた経験を持ち、現在はブンデスリーグ2部・FCザンクトパウリに所属するもチーム退団が決定的となってしまった宮市亮選手について紹介していきます。

スポーツ選手に怪我は付き物で、怪我に泣き、怪我に選手生命を奪われた選手も数多くいます。

宮市亮選手も度重なる怪我が原因でその実力を十分に発揮しきれていない選手の1人です。

怪我さえ無ければ現在の日本を代表するプレーヤーになっていたかもしれません。

そんな宮市亮選手の活躍・経歴・怪我について紹介していきます。

世界を驚かせたチェルシー戦でのドリブル突破

現在では数多くの日本人サッカー選手が海外で活躍しています。

中には世界有数のビッグクラブで度肝を抜くようなプレーを魅せてくれる選手もたくさんいます。

中田英寿選手(当時ローマ)のユベントス戦での反撃の狼煙となるゴール。
中村俊輔選手(当時セルティック)のCLの舞台でマンチェスターU相手に決めたフリーキック弾。

日本人選手の1プレーが世界を驚かせ、ファンの興奮を最高潮まで高めることも今や珍しくありません。

そんなプレーの中でも私が最も興奮し、日本サッカー界の輝かしい未来を感じさせたのが、宮市亮選手(当時ボルトン)がチェルシー相手に魅せたあの伝説の突破です。
当時19歳だった宮市亮選手は2012年に所属するイングランドの名門アーセナルからレンタル移籍でボルトンでプレーしていました。
こちらもイングランドの名門チェルシーFC戦に出場した宮市選手は後半20分、左サイドのセンターライン付近でボールを受けた宮市亮選手。
DF2人をスピードで一気に振り切りあっという間にゴール前まで迫ります。
ゴールには繋がりませんでしたが、日本人のこの1つのプレーは世界を驚かせました。

得点や失点に繋がるプレー以外でこんなにも私の記憶に残るプレーは他にありません。
日本人に足りないとよく言われる“圧倒的な個の力”を感じさせるプレーですよね。

多くのファン同様私ももともと気になっていた選手でしたが、このプレーで一気に目が離せない選手になりました。

宮市亮選手の経歴と怪我歴

それでは宮市亮選手の大まかな経歴と、苦しめられた怪我について詳しく紹介していきます。

プロ入り前

小学校の途中まではサッカーだけでなく野球もプレーしたいましたが、中学校進学と共にサッカーに専念することを選択。
地元愛知県のトレセンに選ばれるなどエリートコースを進みます。中学時代はシルフィードFCジュニアユースに所属。
1年生時にJFAエリートプログラム、2年生時にU-14日本代表、3年生時にU-15日本代表に選出されます。
中学時代は主に右サイドバックでプレーしていました。

高校は地元愛知の中京大付属中京高等学校に進学します。
高校時代から現在の左ウイングでプレーし、1年生時からレギュラーを獲得。U-16日本代表にも選出されます。
2年生時にはU-17日本代表に選出され、U-17ワールドカップで活躍。冬の高校選手権では大会優秀選手にも選ばれました。
主将として出場した3年生時の選手権ではチームが初戦敗退したにも関わらず、2大会連続の大会優秀選手に選ばれました。

宮市選手は小さいころからサッカーのエリートコースを歩んできていますね。
そして驚くべきはやはり高校卒業後の進路です。

イングランド時代

高校卒業後はJリーグのチームには入団せずイングランドの名門アーセナルに入団します。
このニュースは当時日本に衝撃を与えました。
しかも、ただ入団しただけでなく、当時アーセナルを率いていたベンゲル監督から高い評価を受けての獲得オファーとあって、ファンとしての期待も膨れ上がりました。

フェイエノールト

2010年12月18日にアーセナルに正式に加入しますが、就労ビザ発行基準を満たしておらず、2011年1月31日、オランダのフェイエノールトに期限付き移籍することとなります。
フェイエノールトでは海外主要リーグの日本人最年少デビュー記録(18歳1か月23日)、日本人最年少得点記録(18歳1か月29日)を記録するなど活躍を魅せます。

オランダで活躍後アーセナルのファーストチーム入りをベンゲル監督に名言された宮市亮選手、チームの申請で労働ビザを特例で取得します。
日本人に1人のためにベンゲル監督と名門チームがここまでしてくれるなんて、大きな期待が寄せられていたことがうかがえますよね。

2011年9月カップ戦で公式戦デビューを果たしますが、ここで長期離脱を要する怪我を負ってしまいますー左足首を負傷。

ボルトン・ワンダラーズFC

この怪我の影響もあってか、2012年1月31日、ボルトン・ワンダーランドFCへの半年間の期限付き移籍となりました。

ボルトン時代は上記でも紹介したドリブル突破を魅せるなど、活躍しレギュラーの座を勝ち取ります。
しかし、後半はチームは2部降格が決まり、宮市亮選手本人も怪我の影響で本領を発揮できずー右肩を負傷。

ウィガン・アスレティックFC

ボルトンへのレンタル移籍後、再びウィガンへの期限付き移籍が決定。
ウィガンでは右足首靭帯を負傷し長期離脱。復帰戦で再び右足首靭帯を負傷し手術を受けますー右足首靭帯を負傷。
この怪我の影響もあり、公式戦出場はわずか7試合。

アーセナル/FCトゥウェンテ

2013年、期限付き移籍を終え、アーセナルに戻った宮市亮選手ですが、出場機会も少なく、さらにはハムストリングを負傷してしまいますーハムストリング負傷。

2014年、トップチームでの出場機会がなく、オランダのトゥウェンテへレンタル移籍することになります。
ここでは怪我の影響もあってか活躍できず、スタメンからも外れてしまいます。

2015年3月、レンタル移籍の期間を満了。アーセナルとの契約も解除となりました。

怪我でなかなか活躍できなかった宮市亮選手ですが、名門クラブであるアーセナルがここまで契約を切らなかったその事実が、どれだけの期待を受けていて、どれほどの潜在能力を秘めいていたのかということがうかがえます。

宮市亮選手の現在とこれからの可能性

アーセナルとの契約が終了し他宮市亮選手は2015年から契約終了となった2021年5月までドイツ・ブンデスリーガ2部のFCザンクトパウリでプレーをしていました。
しかし、移籍直後に左膝前十字靭帯を断裂の大けがを負ってしまいますー左膝前十字靭帯断裂。

2016年に復帰し、出場する試合ではインパクトを残していましたが小さい怪我を挟み、2017年に以前とは反対の右膝前十字靭帯を断裂してしまいましたー右膝前十字靭帯断裂。

治療中ではありましたが、ザンクトパウリは宮市亮選手との契約を2年延長。ここからも宮市亮選手に対する強い期待が感じ取れます。

右膝前十字靭帯断裂後は小さい怪我はありながらも活躍を魅せます。2018-2019は数字だけを見ればキャリア最高の記録を残しましたー25戦出場5得点
2019-2020シーズンも序盤は全試合に出場し、完全復活を予感させていました。
しかし、シーズン終盤に膝を負傷し、その怪我が内転筋など別の部位まで影響を及ぼすこととなり長期離脱となりましたー膝,内転筋など。

2020-2021シーズンは治療に専念し、シーズン終了前に途中出場で復帰を果たしましたが、2021年6月でザンクトパウリを去ることとなりました。
これまで、たくさんの怪我に泣かされ、懸命にリハビリを行ってきた宮市亮選手、そんな宮市亮選手の姿勢と潜在能力の高さを認め見守ってきたザンクトパウリ。
できればザンクトパウリでの完全復活を見たかったという想いもありますが、致し方ない決断だったのかもしれません。

宮市亮選手のザンクトパウリ退団後の去就/Jリーグクラブも興味

惜しまれながらもザンクトパウリを退団する宮市亮選手ですが、退団後の去就が気になりますよね。

現段階ではドイツの2部、3部のクラブ、Jリーグのクラブから打診があるようです。

28歳という年齢、怪我の影響で世界に対して大きなインパクトを魅せれていないことを考えれば、次のプレー先はドイツor日本の2択になるでしょう。

これまでの怪我歴を見れば、今後も怪我と付き合っていくと予想できてしまうかもしれません。しかし、もし宮市亮選手が完全復活を遂げればまだまだ世界で活躍する可能性を秘めていると私は期待しています。

28歳、決して若くはないですが、遅すぎる年齢でもありません。今はしっかり怪我の治療に専念し、次のフィールドでの活躍に繋げてほしいです。

最後に

以上『【サッカー】宮市亮選手の現在/度重なる怪我で封印されている圧倒的個の力/ザンクトパウリ退団後の去就は?』について紹介しました。

宮市選手はあの爆発的スピードを初めとするその潜在能力ももちろんですが、そのサッカー、怪我に対する姿勢にも惹かれるところがあります。
ザンクトパウリ在籍時には、チームから懸命にリハビリに取り組む姿勢に称賛を送られていました。

これだけ満足にプレーする機会すら奪われてしまったら、腐ること、諦めること、折れることもあるかと思います。
しかし、怪我をしても毎回前向きにリハビリに取り組む姿は感動すら覚えます。

宮市亮選手の完全復活を期待しています!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

-スポーツ・健康

© 2022 学びは遊び Powered by AFFINGER5